駆け込みノート!

こんにちは、森田裕一です。

「B5のノート一冊ちょうだい」

昨夜お風呂に一緒に入っていたときの息子の台詞です。

「いいけど、何に使うの?」
「あのね、友達の○○君が周りの友達にいやなことを言われて,言い返せなくて落ち込んでたのね。だから、僕はそういうときはこういうノートに書くといいよって教えてあげたんだ。そのときのこと、感じたこと思ったこと、心の声を書くといいよって。それで、このノートの書き方で交換日記みたいにするんだよ。」

オー、我が息子ながら、なかなか優しい。。。
(親バカ入っています(^^;))

「いいことを考えたね!思ったことをやってごらん!」
私との日記のように3分割でやるんだろうなあ。
思ったらやってみる。

見せてもらうのが、楽しみです。

(あ、見せてくれるかな・・・)

そのノートのタイトルは
「心のケアノート」だそうです。

「心のケアノート」だそうです。
(小4で“心のケア”なんて言葉を使うんだと、これまたびっくりしました)

 

af9960016577l

 

ノートに型を使って書けば心も頭も整理ができるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか