つい「○○が悪い」って言っちゃうんです

言葉の使い方って間違えると怖い

「私が悪いの?」
そんなセリフを耳にしたんです。
あなたはこんな言い方をした経験はありませんか?
耳にしたことはありませんか?
私は両方あります。
言ったことも聞いたことも。
それがずーっと耳に残っていてふと気づいて、
そしてぞっとしたんです。
なんでだと思いますか。
きっとこの言葉の使い方って、意識して使ってないんです。
無意識で言っていることなんですけど、
放っておくと自分も周りの人にもまずいことが起こるかもしれないからです。
使っている言葉が人の脳みそを動かすから。
それによって影響を受けてしまうからなんです。
これって2つ気をつけたいところがあるんです。

×「悪い」→○「良くない」にする

一つ目はこれです。
「悪い」って言葉。
「悪い」っていった瞬間、何かが悪いって枠の中で
考えてしまうようになるんです。
無意識で。
そうすると、「私」が「あなた」が悪いと言うことになる。
「悪いもの探し」になる
ではどうすればいいか。
「悪い」→「良くない」に変える。
どうでしょうか?

「○○(誰々)が」→「○○(やったこと・言動)が」

2つめは
「○○(誰々)がよくない?」っていうと
「誰かが悪い」ことになってしまう。
その枠組みで考えるようになるんです。
でも考えてみてください。
「(誰々)が悪い」って無意識に言ってるかもしれませんが、
その「人」が悪いことって本来ないんですよね。
私はそう思います。
その人のある行動の一部分が好ましくないだけ。
それをちょっと考えて具体的に特定して言うことが大切です。
そうすると、「具体的に何」っていわれると物事が動きます。
つまり、改善されます。
なぜなら、どうすればいいかが見えるようになるから。

まとめると

 
×「悪い」→○「良くない」
人に関しては「良くないところがある」というと=言動にフォーカスできる。
 
×「(誰々)」→「(具体的行動)」を言う
というと誰かが悪いという前提でものを見ることになる。
 
たとえば
「私が悪いの?」→「わたしのいいかたがよくないの?」
こんな感じです。

言葉で思考の枠ができる

言葉って人の思考を閉じ込める働きもあります。

あなたはいつもどのくらい意識していますか?
自分の言葉を聞いていますか?
反対にいい方に向かわせることもできるんです。
使い方に気をつけたいですね。
アイディアとしては、是非自分の話しているところを録音して聞いてみること。
これ是非やってみてください。
「自分の話していることなんかわかってるよ!」
と思ってるかおしれません。
やってみてください。
私は実際に録音して聞き返しているんですが愕然とすることがあります。
自分の話す言葉をしっかり聞く。=事実を見る。
これ大切です。

事実を見て、行動に移せる習慣がつく

魔法のノートがあるんでです。

【売り上げUP, 成績up,へそくりも、小遣いも増えた!

[認定]方眼ノート1DAYベーシック講座NLP
東京開催 10月21日(土)、11月11日(土)ほか

詳しくは下記をご覧ください。
https://goo.gl/WPrdUm

【特典】今、受講された方は特典として
1ヶ月間フォローアップ(通常2万円)がつきます。

ーーーーーーーーーーーーー

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

メルマガ配信希望はこちら

■自然の生薬、方眼ノート講座、「超」結果手帳、NLPの講座のお問い合わせはこちらへどうぞ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか