「怒り」を感じるとき裏にあるもの

こんにちは。森田裕一です。少し前にFacebookで怒りは第二次感情だと言うことを書きました。そのことについて。

そうなのです。怒りは第二次感情(二番目に来る感情)なんです。

どういうことかというと怒りの感情を感じる前に別の感情があると言うこと。突然怒りの感情がわき上がると言うことではないのです。そんな感じがするかもしれませんが。

たとえば、仮にあなたは何かに怒りを感じるときは(あまりそんなことがない、という方もいらっしゃるでしょうが)

pixta_21506872_S

どんなときでしょうか?

  • 子供が勉強をしない
  • Aさんが時間を守らなかった。
  • 部下のBさんのの仕事の成果が上がらなかった。などなど

すべてこの人にはこうあって欲しい、こういう結果をきっと出すだろうという期待がありませんか?

反対に期待をしていない場合はどうでしょう?予想外にいい結果が出ると喜びませんか?

  • Cさんじゃあ、あの契約は取れないな。」ってところで、「契約とってきました!」って報告が入ったら?「えっ、とってきたの!」ってなりませんか?

怒りが出る背景には期待があると言うこと。

もちろん、期待があると言うことは良いことです。

過度な期待があるときは、期待が裏切られた場合はどうなるでしょうか?どうしたら、いいでしょうか?

今日のところは相手に対してどんな期待があるか。期待通りの結果が得られなかったらどうすればいいか、ちょっと考えてみてくださいね。

ps

ーーーーーーーーーーーーーーーー

ほぼ毎日メルマガを配信しています。もしよかったら登録してくださいね。

https://88auto.biz/tominoyama/touroku/entryform1.htm

PS2

☆こんな講座をやっています。

子供の勉強が気になるパパとママのための方眼ノートナビゲーター講座開催

子供との距離がもっと近くなる方眼ノートナビゲーター講座

NLPトレーナーのためのナビゲーター講座

方眼ノートナビゲーター講座説明会

紙上最強NLP講座!

興味をお持ちの方はcontact@tomi1.com にメールをお送りください。

◎森田裕一に質問したいことはありませんか~

是非こちらまでお寄せください。

  contact@tomi1.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか