お子さんの頭がよくなるノートの取り方に興味はありますか?

こんにちは、森田裕一です。

ノートで頭が良くなるの?そんなこと・・・
そう思うかもしれません。

でも頭のいい人のノートはきれいに整理されているのは確かです。最近話題の東大生のノート・京大生のノート本にもなっていますよね。

世界で一番難しい問題に対応している世界的コンサルタントも、ノートの書き方をトレーニングしているんです。そこには共通する書き方がありました。

その書き方をするとどうなるか・・・

・福井県の勉強嫌いの中一の男の子中間試験の成績が500点満点中480点に

・長野県トップ進学校の高校1年女子の成績が137位→50位→26位→学年3位に

・東京の私立中学へ通う中2女子。塾へ週3回通うが、数学の成績が30〜40点、方眼ノートに変えて、80点に、そして塾をやめて自信あふれる中学三年生に!

  なぜ、方眼ノートで子供の頭が良くなるのか。


なぜだと思いますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか