学んだことで何が大切か・自分が何がわからないかが明確になる

お子さんがいるかたへ、勉強に方眼ノートを勧める理由①です

こんにちは、森田裕一です。

子供であれ大人であれ、
学んだことが自分の中に落とし込めないと
テストで点数がとれないし、
実際にも使えませんよね。

知識を得たら、それを使えるようにすることが大切です。
それが生きていく上での武器になります。

学んだことを自分の血肉化して、武器にするためのツールがないかな?
そうずっと思ってきました。

私自身記憶術を学んだり、睡眠学習なんてのが気になったり、
マインドマップもプログラムを購入しました。

でも今ひとつ・・・・

長年探していた中で出会ったのが
方眼ノートだったんです!

私にとっては「まさかノートが!」という感じでした。

ところが、方眼ノートを使って勉強をすると、

授業を受けたとき、
その授業で何が重要だったか、
自分が何がわからないか、
わからなかったらどうするか、が明確になる。
そして、次の行動に移り問題を解決できるようになる。

(もちろんセミナー研修などでも同じ)

つまりわからないことをわからないままにしない行動が
いつもできるようになる。

後でわからなくなっても、
すっきり整理されたノートを見れば、すぐに思い出す。

だから実際に
「ぼく、塾も行かない、参考書もいらない。
だってこのノートがあるから」
そういって実際に塾をやめたお子さんがいるそうです。
子供が出てきたのもよくわかる。

わからない人の場合の問題は、自分が何がわからないかがよくわかっていない。だから質問できない。
それが問題。

それをノートで解決してしまったのが方眼ノートなんです。

◎頭が整理され、仕事も勉強も飛躍する方眼ノート講座NLP+
【認定】方眼ノート1DAY ベーシック講座のご案内はこちら

メルマガでは、ブログに書けないことや、セミナー講座の予定などをご案内しています。

メルマガ登録はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか