「え、どうしよう、どうしよう・・・」って悩んでたんです

質問です。
あなたは何か物事を決めるとき、
すぐにスパッと決められますか?

それとも「どうしよう〜〜」
と悩んでしまい時間がかかる方ですか?
失敗しないように、とか
間違えないようにと思うと
特に身長になってあれこれ
考えてしまいますよね。
良〜くわかります。
Kさんという女性が
同じようなことを
悩んでいらっしゃったんです。
なかなか決められない。

あるとき友達から相談を
受けその人の相談を自分が
受けていいのか思い悩んだ
ことがあるそうです。

自分にできることか、
自分でいいのかなどなど

いつもだとず〜っとそれを考えていて
結局行動をしないでそのまま
なんだそうです。

ところが、ある物を使い出したら、
あっという間に結論が出て、
「私を信頼してきてくれたんだから
大丈夫。私にできる」
と行動することができるように
なったんだとか。

このほかにもあれこれ、自分で決断し、
行動に移せるようになったのだとか。

そのきっかけになったもの、
決断できるようになった
その道具は何か興味がありますか?
それは方眼ノートなんです。

一枚の紙を書く。
早ければほんの数分。

何日も悩んで何もできない
でいるのと
1枚の紙で何かの結論を出して
行動するのと、どちらがいいですか?
たかがノート、されどノート
ぜひ
それでは、またお会いしましょう。

森田裕一

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか