やっぱり素直って基本!

結果を出している人や師の言葉ってありがたいですよね。

でも時として
「そんなこといったって」
「それできないよ」

なんて思ってやらないこと、先延ばしにすることってありませんか。

私も「まあそのうちにね」とやってなかったことあるんです。

長年仕事をやっていての変なプライドもどこかにあったのかもしれません。

でも言われたことを素直にやってみるって大事ですね。

これ学生の時から言われていたことなんです、
いろんな師についても

結果を出している人、一流の人はめちゃくちゃ素直なんです。

私の知っているある方は本まで出して研究をしていたことを
師の一言できっぱりやめてしまったそうです。
全くやらなくなったんだそうです。

そこから新しい世界が広がったと。

私自身もあることをした方がいいと言われていたんですが、
抵抗していたつもりはないのですが、なんかやるチャンスがなかった。
でもこれは多分言い訳なんです。

でも思い切って、先日やってみたんです。
すると、世界が広がった。

非常に抽象的な話ですみません。

でもここでお伝えしたいことは何かというと

相手が自分が欲しい結果を出している人で
その人がいいということであれば、
すぐにやることが大事だと言うこと。

「ああだ、こうだ」というのは自分の勝手な解釈。

ただ事実だけを見て
実際に行動し体験して

そのときに体験した事実が大切なんです。

行動すれば世界が大きく動く

そんなことをに気づきました。

 

もしあなたも、
「ああだ、こうだ」と言い訳をしてやってないことがあったら、
一歩踏み出してみるといいかもしれませんね。

森田裕一

◇「方眼ノート1DAY ベーシック講座+NLP」

2018年バージョンで進化しています!!(^_^)v

子供の勉強から大人の仕事まですべてこれで!
シンプル簡単、必ずできるようになります。。

例えばこんな事例があります
・「千代田区のモデル中学で全校生徒・全教科全教員が授業で実践」
・「地方の進学高校の高1女子が137位→50位→26位→学年3位」
・「勉強嫌いの中1男子が500点満点で480点」
・「方眼ノート面談1枚で1億円契約のコンサルタント」
・「年数千万の複数年契約を獲得した研究者」
・「追加契約2億円を獲得した技術者」
・「方眼ノートで離職率ゼロを実現した経営者」
・「2ヶ月で1億円超の売上をつくった社長の方眼ノート」
・「方眼ノート導入後、1年で会社の利益が35%増進した会社社長」
・「1ヶ月で2件の大口契約を獲得した経営コンサルタント」
・「学生でも200万円の契約を方眼ノート面談法で獲得」
・「2000万円の契約を獲得した事務機器メーカーの担当者」
・etc.
こんな成果が出ています。でもこれもほんの一部。

 なぜ成果が出るのか?
それには理由があります。

個人事業主で子供さんがいる方のための方眼ノート講座を開催中

◇あなたの仕事に革命が起こります!

わずか1日で、ブログ1記事10秒に!
認定『スーパーブレインメソッド1DAYプレミアム講座』

「まさか!そんな簡単になんで」と思われる方は
ぜひ、イントロ講座にお見えくださいね。
イントロ講座はこちら⇩
3月3日18:30から池袋で開催。

スーパーブレインメソッド1DAYプレミアム講座
3月24日開催はこちら
https://goo.gl/ZmFvbE

 

お問い合わせは contact@tomi1.com

◇元気でいたいあなたのための手帳の講座です。

「超」結果手帳スタートアップ講座開催

詳細はこちらhttps://goo.gl/cq3cK2

 4月1日 日曜日開催

▼森田の置き薬広貫堂

「鞄の中に入ってる小指の先くらいの“小さな巨人”のおかげで元気です」(49歳男性)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)・スーパーブレインメソッドインストラクター・方眼ノートFor Kids 講座インストラクター 森田の置き薬代表・生薬美容研究所 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか