棒の上に乗ると元気になる!

こんにちは、森田裕一です。ご機嫌いかがですか?

「やっぱり、朝20分間,棒の上に乗っかってると、調子がいいんだよ♡」と父が言いました。

「棒」というのはこれ。“ストレッチポール”です。この上にのっかってごろごろするのです。たったそれだけ。カンタンです。

使い方はいろいろあるのですが、背骨に沿ってこのストレッチポールに乗っかる。これはカンタンですよ。

ストレッチポール

ストレッチポール

父はこの春、80歳になりました。今も現役の売薬さん(富山の薬売り)。みんなが年を聞いて驚くほど元気ですが、やはり背中が丸く猫背になっていることがあります。

「背中が丸くなって、姿勢が悪くなっているよ」と私。

「あ、そういえばここ数日、棒の上に乗っかってなかった。腰もきついんだ。よしやろう!!」と父。

朝5時に起きる父、朝風呂に入って、その後にストレッチポールに20分乗っかっているそうです。そうすると、確かに見ていても姿勢がいいんです。本人曰く「体も楽」だそうです。

私も、今朝はちょっとゆっくり時間をかけて乗っかってみました。深呼吸して、ただ何にも考えないで、耳に入ってくる音や体に感じることなどの事実をそのまま流す感じ。ありのままを受け入れる。瞑想状態のような感覚。

すると体の力が抜け、このポールから降りたら、体も、頭も、心もすっきりしました。背中もまっすぐして、芯がとおった感覚です。

今日はさらにいい気分で一日が過ごせそうです。

 

すてきな一日を。

あ、寝る前にこれをやると、感覚的に眠りの質が良くなるようです。もしお持ちだったらやってみてくださいね〜

ではまた。

 

☆私は“これ”を「論理的でない」と言われて悔しい思いをしてる人へ手渡したい

「そういうことだったんだ今まで本当に頭にフタをしてきたんだ」ということ意味がよくわかりました。今の時代、情報がありすぎて、あれもこれも重要に思えて頭に負荷がかかりすぎていることにも気づきました。特に、「論理的でない」とさんざん言われ、とても悔しい思いをしてきてた私のような人に、ぜひ手渡してあげたい!と強く思いました。そして、息子へ、さらに父のような年配の方にも、方眼ノートの「書いて、見せる」やり方だったら、思考に負荷をかけることなくすぐに使えるということにも気づきました。どうもありがとうございました。(受講生Mさん・埼玉)

もしかするとあなたの悩みもノートが解決してくれるかも。うまくいかないのはなたの能力のせいではないかも。

実はノートのせいかもしれません。。

「えっ?」とおもったら。。。

https://peraichi.com/landing_pages/view/nlphougan

━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか