ひらめきは,○○とともに・・・・

こんにちは。森田裕一です。

先日は人気番組「世界ふしぎ発見」の構成作家石田彰洋さんのお話を伺ってきました。高橋政史さんの主催するアウトプット読書会でのことです。

そこでの話からですが・・・

突然ですが、あなたはアイディアをすぐにひらめく方ですか?

そうでもないですか?

先日お話を伺った構成作家の石田彰洋さんは、

さぞや子供の頃からあれこれおもしろいことを

考えたんだろうと思ったのですが、

なかなか苦労されてたそうです。

企画会議に出たくなくて、,,,休んじゃったこともあるとか。

ところが今はすごい企画を出されていますね。

先日の「世界ふしぎ発見」本能寺の変は、同時間で

トップの視聴率だったそうです。

こういったアイディアを思いつくには

ある秘密があるそうなんです。

知りたいですか?

エジソンも「天才とは1%のひらめきと99%の努力」

だといっていますよね。やはり努力。

では何をするのか?

石田さんは著書「インクルージョン思考」の中で

次の4つをあげています。

①高次の目的を決めて旅立つ

②目的に従って材料を集める

③異なる分野の材料をつなげる

④手放してひらめきとともに帰ってくる

どうですか?

おもしろいですよね?

興味をお持ちになったら

石田章洋さんの「インクルージョン思考」を読んでみてくださいね。

すごい人って、すごいこと考えるものですね。だけど、使えますよ、これ。img_1874-1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか