足の爪の水虫でお困りの方に

こんにちは、森田裕一です。

足の爪に水虫ができて、変色したり爪が小さくなってきたりした場合、爪の水虫(白癬菌)の可能性があります。

この場合はOTC(市販薬)では対応できません。
ですので、この場合は速やかに皮膚科を受診してください。

内服薬と塗る薬があります。

内服薬は約半年で効果が出るといわれています。
しかし,肝臓を悪くする人がいます。

(個人的にはおすすめできません)

塗り薬はマニキュアのように毎日1回塗る必要があり手間がかかり、期間も1年くらいかかります。費用も内服薬より高めです。

ですがこちらの方が副作用が少なくおすすめです。

実は私自身足の親指(第一指)の爪が小さくなるという体験をしました。皮膚科で再三見ていただいてもなかなか白癬菌は見つからず3年くらいして治療。この薬できれいに治りました。

手間がかかるという割には習慣にしてしまったので、まず忘れることはありませんでした。

内服薬で肝臓を悪くしたという事例を何度も聞きますので、こちらの方がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか