徳川時代から320年続く、それを支えたのは

こんにちは、森田裕一です。

徳川時代から320年続く〜富山商人、富山の置き薬
ってご存じですよね?

「何でそんなに続いてるの?」と訪ねられます。

そんな商売は確かに珍しいですよね。

使った分だけ後払い、
クレジットカード払いを先行してやったような
先用後利システムがあったらなのでしょうか?

いやいや、、
実は拙著「富の山の人〜仕事の哲学」にも書いたのですが、
鍵は他にあるんです。

それは「懸場帳(かけばちょう)」です。
「なにそれ?」っていいました?

懸場帳とは薬屋さんの顧客台帳です。
このなかに宝が眠っているんです。

命より大切な台帳。

お正月は我が家でも床の間に供えます

img_4514これは昔のもの。(富山城に保管されている)

つまりお得意様の健康状態、使った薬について
そのほかもろもろの「事実」を
集めて記録している台帳です

 

これが武器なんです。

その事実に基づいて考えて商売をすれば、
お得意様に喜ばれる仕事ができるのです。

事実を記録してこそ、専門家の解釈が活きる。
それを元に商売をする。

このやりかた、どこかで聞いたことない?

そう!方眼ノートの仕組みと同じ。

そうなんですよ。
実はノートが320年の歴史を支えているんです。04aa9d09-a6d7-4ccc-98d4-f9aa1d77285a

 

◎頭が整理され、仕事も勉強も飛躍する方眼ノート講座NLP+
【認定】方眼ノート1DAY ベーシック講座のご案内はこちら

 

メルマガでは、ブログに書けないことや、セミナー講座の予定などをご案内しています。
メルマガ登録はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか