考える場所はどこがいい?

こんばんは
頭とカラダの健康法の
森田裕一です。

今明日までの課題と
向き合っています。

そして実感するのはPCでは
考えられない、フリーズする、
ということ。

頭がいい人ほど、世界の
トップの人たちは
PCでは考えないそうです。

必ず紙の上で思考を
するそうです。

はじめは面倒くさがって
PCでやっていたんです。

でも観念して、プリントアウトして
紙の上で考えてみました。

「全く違う!」

紙の上で見て手を動かす。
すると脳が働くんです。

あなたも是非やってみてください。
学校の教科書も電子に
するとか言っていますが
大丈夫なんでしょうか?

ちょっと心配です。
私は紙の方がいいと
思います。

だって断然考えることは
早くすむから。

書く必要があっても
その後清書すればきれいに
なります。

やってみてください。

それでは、またお会いしましょう。
森田裕一

〜東京 静岡 札幌 広島で開催〜
方眼ノート1dayベーシック講座

東京、札幌、広島、静岡で開催

◎頭が整理され、仕事も勉強も飛躍する方眼ノート講座NLP+
詳しくはこちら⇒http://blog.tomi1.com/post_lp/hogan/

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか