「なんか、うまくいかない」時の処方箋

森田裕一です。

あなたは壁にぶつかった
ときにどうしますか?

たとえば、こんな時です。

お子さんがいらっしゃるならば、

子供が自分の思った行動を
とってくれないと言ったとき。

よくありませんか?

勉強をしてくれない。
片付けをしてくれない。
などなど・・・・

 

そんなとき
親としても同じように
同じことを繰り返しやっても
状況は変わりませんよね。

 

そんなとき、
その状況を打破できる
方法があるとしたら
興味ありますか?

 

☆   ☆

 

紙を一枚用意してください。

 

1 今の状態を書いてください
2 どうなって欲しいか書いてください
3 そのためにどのように働きかけをするか
3つ書き出しましょう。


4 はい!では実践です。
5 結果はどうでしたか?
そこから学んだことは何でしたか?

 

これを是非やってみてください。

なぜか。
人はうまくいかないときは
自分の今までのパターンに
はまってしまっています。
そこから抜け出し、
うまくいく方法を見つけるために
紙に書き出すのです。

紙に書く。
それだけでもこんなに力が
あるんですよね。

是非やってみてください。

それではまたお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか