パエリアと生薬の甘い関係

森田裕一です。

突然ですが

あなたはパエリアは好きですか?

なぜこんなことを聞くかというと

昨夜の我が家の食事がパエリアだったんです。

ご飯がなかなかおいしかった。

普段主食のご飯は1杯しか食べないのですが
このときはおかわりして3倍食べたくらい。

ちょっとキケンですが、あと引くおいしさなんです。

妻がお米から鍋で作ったそうなんです。

ご飯が黄色く、これ、通常サフランを

使うらしいのですが、

諸事情でターメリックで代用したそうです。

「ターメリック」ってごぞんじですよね?

これ生薬だってご存じでしたか?

「生薬?」

そうです。自然の生薬ウコンです。

こう、妻に言うと

しげしげと「ターメリック」の入っている小瓶を見て

「ホントだ、ウコンて書いてある!」

とビックリしていました。

カレーもターメリックですよね。

横で聞いていた息子と言えば、

「ボク、ウコン(鬱金)の方がわかるよ、

富山でウコンを石臼でひく体験をやったから」

そう、息子は薬都・富山で生薬ウコン挽き体験を

やったことあるんです。2回も。

 

生活の中にある生薬。

あなたはどのくらいご存じですか?

※鬱金というとカレーが思い浮かびませんか?

カレーももともと薬膳なんです。

 

■メルマガ配信希望はこちら

メルマガでは
元気になる健康の話、「大人の月9生薬美容鍋」の会、講座の予定などを
先行でご案内しています。
興味のある方はぜひご登録をしておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)・スーパーブレインメソッドインストラクター・方眼ノートFor Kids 講座インストラクター 森田の置き薬代表・生薬美容研究所 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか