「薬箱は嘘をつかない」

こんにちは。森田裕一です。

各ご家庭に訪問して薬箱を見せていただいています。
26年間訪問しています。
お電話で訪問のアポを取ることもあります。

私の場合はほとんど半年ごとに訪問しているのです。

お電話すると
「薬全然使ってないよ」
と言われることがあります。

「それでも大丈夫ですよ、点検、お取り替えいたします!」
とお伝えして訪問します。

そんな場合でもたいていはお薬を使っていらっしゃいます。

薬箱は正直です。

お得意様宅を訪問し始めた頃から「ふしぎだな~」
と思っていました。

人は口に出すことと、実際とは食い違っていることが多いのです。

そこは注意をして話し方などを観察する必要があります。

挨拶で「お元気ですか~」と尋ねると
たいていは「変わりありません」
など当たり障りない言葉が返ってきます。
でもそれを鵜呑みにしてはいけません。

本当のことはどこかにあるのです。

「薬箱を見せて」

これはあなたおうちの健康状態を表しているかもしれません。

あなたのおうちの薬箱はどうなっていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか