余った時間で

おはようございます。森田裕一です。

30年前何をしてましたか?
私は新卒で働き始めたころです。

その頃はまだPCなんてなかったのです。
あったのはワープロ。
会社にあったのは大塚商会のワープロでした。
市販では「書院」というワープロが
ありましたね。

とにかく一人一人にワープロなんてなかった。
入力した文章は1行ぐらいしか見えないし、
変換に時間がかかった。

原稿の下書きをしてから、
ワープロで清書をしていたんです。

af9960012169l

今はPCが一人1台の時代。
タブレットやスマホもありますよね。

入力が簡単に、仕事にかかる
時間も短くなりました!
といいたいところですけど・・・
そうでしょうか?

実はPCで書くと型にはめられて、
かえって不自由になってはいませんか?

紙の上に原稿を書いてみてください。
字の大きさ、配置、デザイン。
PCで書くと、活字になり読みやすいですが、
見た目がそろって
すべて似たような印象になってしまいます。

自由な発想が型どおりになっているのでは。
ここしばらく原稿はノートに下書きをしています。
それからPCに向かっています。

するとどうでしょう。

メルマガ・ブログなどの
原稿を書く時間が速い。
ノートで下書きをしてから書く方が
時間がかからないのです。

PCを使う時は、入力に専念できます。
やはり考える仕事と入力の
作業は切り離すのが正解!
是非やってみてくださいね。

これだけでも仕事メタボ
(たくさん仕事を抱えること)が激減します。
方眼ノートトレーナーのOさんは、
かつて残業140時間だったそうです。
それが今0だそうです。

ノートを変えるだけで、方眼ノートを
使うだけで、仕事が速くなる。
時間に余裕ができます。
その余った時間を何に使いますか?
誰と過ごしますか?

次回方眼ノートセミナーは
こちら
詳しくはお問い合わせください。

 

ほぼ毎日メルマガを配信しています。 最新情報や講座の情報などもメルマガでご覧いただけますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか