ネット上にでないリアル事例が豊富

家に富山の置き薬を置くべき理由①
「今の時代、テレビでもネットでも薬の使い方を検索すれば・・・」

って、専門家からしてみたらキケンです。
もちろん、基本的な知識があれば、

それなりにその意味が理解できます。
しかし、薬についての知識ベースがない人が

自分の解釈で使うのは

キケンは言い過ぎだとしても

効果を半減させ、無駄に薬を使うことになります。
安く買って無駄に使う。

これでは何にもなりません。
安心安全なものを信用できる人からしっかり説明してもらい使うこと。

置き薬は、お客様も(実はお薬をおいていただく側も、)

どちらも相手を信用しなければできないことなのです。
ですから、一つ一つの薬を説明し、

必要なときに役立てていただけるように配慮しています。
特に私のように個人で置き薬をしている業者は

この心がけでやっているはずです。
なぜなら、何十年という単位で目の前のお得意様と

おつきあいをさせていただくからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか