「方眼ノートなんて、明日から使わない!」後編

前回の話の続きです。

息子が学校の授業ノートをすべて
ジャポニカから方眼ノートA4Thinknoteに
変えたことをお話ししました。

「学校に持って行かない!」

4月末のある日の夕方、妻から私にLINEで
メッセージが届きました。
「○○(息子の名前)が、学校で
方眼ノートのせいでみんなに
いじめられたみたい。

家に帰るなり泣き出して、
『もう明日からこの方眼ノート
学校に持って行かない』といっている。」
ということ。
私は

「参ったな〜」とおもいました。
やっぱり、みんなと違う物を持ってると
敏感な年代だからな、なんか言われる。

とにかく帰ってから
ゆっくり話を聞いてみよう」

そう思ったんです。
「ただいま」
「お帰り」
夜かえると、
息子は機嫌が直ったらしく
楽しそうに遊んでいました。

何気なくそれを横目に見ながら
横に座っていると

ポツリと息子は口を開きました。

問題はこれ!

「お父さんの言ってたことが本当になったよ」
「そう、どうしたの?」

「それがね、○○(友達の名前)が僕の方眼ノートを見て
『森田、“頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか”
っていうのに感動して変なノート使ってるぞ』
っていったんだ。
そうしたら、みんな集まってきて、
僕のことを馬鹿にし出したんだよ。」

「そんなことがあったんだ。
嫌な思いしたな」

「だから明日からこのノート
持って行きたくないんだけど」

「そっか」
ふっと私はひらめいたんです。

 

これだけで解決?

「え、もしかしてそれって
○○、この表紙の『頭がいい人はなぜ〜』のことを言われたの?

だとしたら、これシールになっててとれるんだけど、
これとったらどう?」

「え、これとっていいの!」
「もちろんいいよ!」
「そうなの!(シールをはがして) それならこれで大丈夫!(笑顔)」

私は、内心、
「え〜、そんなことで解決しちゃうの!!」
とびっくり。「あんなに心配したのに〜〜」
口には出しませんでした。

話を聞くときに大切なのは

子供の悩みってちゃんと聞くことが大切。
結構些細なことで解決しちゃうのかもと、気づきました。

大人が勝手に解釈をしないで
まずちゃんと事実を聞き取って
あげることって大切なんだと
気づかせてもらった出来事でした。

ここでも事実と解釈を分ける
方眼ノートが大活躍でした。

ということで、
息子は今もすべて
A4の「頭がいい人はなぜ方眼ノートを使うのか」方眼ノート
Thinknoteを使っています。

この方でノートが書けているおかげで
作文がなかなかうまい!
子供の面白い視点が、私をいつも刺激してくれます。

PS

◆情報発信が毎日できるようになり、集客力も、売り上げもアップする、
さらに子供の成績もアップしてしまう。

東京、札幌、広島、静岡で開催しています。
方眼ノート1DAYベーシック講座はこちら。

◆今年の目標はどうなりましたか?この4半期の目標は?今月の目標は?

「え、何だったっけ?」
怪しい方はこれが役立つかもしれません。

http://wp.me/p7wm1w-GW

◎頭が整理され、仕事の成果も出ちゃうんです。

NLPトレーナーになったあなたへ

◎もしあなたが「いまNLPをつかっていない」というならば

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか