胆嚢炎になったんです。

森田裕一です。

膝が痛くて手術をされた
60代の女性のお話です。

「元気だけど膝が痛くて」
もう耐えられなくなって
手術をしたそうです。

人工関節を入れた。
ところがその手術の時に、
胆嚢炎が見つかったそうです。

まさか
3月に今度はおなかに4カ所
(通常は3カ所)穴を開けて
胆嚢をとる手術を受けたそうです。
「まさかこんなになるとは思わなかった」

人の話は聞いていたけど自分がなるとは。

考えてみれば、おなかから
背中にかけて痛かったと。

脂っこいもの、肉などを
多くとる方は気をつけた方が
良さそうです。

 

それと同時に
ちょっと気をつけておくだけで
予防ができる方法があるんです。

特に夕食後や寝る前に
ポケットから取り出して
口に一個入れてのんで
おくと寝てる間に内臓がスッキリ
元気になるんです。

「私肉も油ものも好きなの」、という石神井のKさん。
お酒に自然の生薬を愛用されています。

脂っこいものを食べた後にも飲んでるんです、と。

ご興味ある方にはまた
お話しさせていただきますね。
「まさかこんなになるとは思わなかった」
とならないように。

おいしいもの好きなものもほどほどに。

それではまた、お会いしましょう。

森田裕一

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての 経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー) 主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、 サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか    ◆著書◆ 経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』 ◆メディア取材◆ J:comテレビ「つながるGOGO!」 雑誌:致知、事業構造 ほか