字が整うと心も整いますよね。

森田裕一です。

ペン字と筆ペンを習い始めて3年になります。

はじめは息子の書き方の練習に
つきあっていたのですが、
私自身文字が変わっていくのが
楽しくなってしまい、
ここまで続けています。
私は最近行書を習っています。
きれいな字で早く書ける行書。

毎朝手本を見ながら
筆ペンと万年筆を持って
練習するのがルーティーンです。

字が整うと心も整います。

その行書の面白さがあります。
それは何かというと
点や線のつながり方なんです。

その一つ一つのつながり方に
必然性があり、それを理解して書くと
速く書けるきれいな字になっていきます。

ただスピードをあげるのではなく
丁寧に書いていくことで
必然的に速く書けるのです。

やはりつながりは大事ですね。

そう。つながりと言えば。
方眼ノートでも同じ。
空雨傘と論理を展開するときに
矢印(→)と接続詞を
セットで使います。
これがうまく使えるようになると

論理のつながりができ、
話の説得力がアップし、
理解度も深まります。

(詳しくは講座でお話しします)

話すにも、理解するにも
やはり“つながり”って大事ですね。

あなたも良かったら意識してみてくださいね。

それでは、またお会いしましょう。

森田裕一

〜東京 静岡 札幌 広島で開催〜
方眼ノート1dayベーシック講座

東京、札幌、広島、静岡で開催

◎頭が整理され、仕事も勉強も飛躍する方眼ノート講座NLP+
詳しくはこちら⇒http://blog.tomi1.com/post_lp/hogan/

メルマガでは、ブログに書けないことや、健康の話・セミナー講座の予定などをご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか