何でも型が大事

こんにちは、森田裕一です。

昨日は卓球女子の三位決定戦を最後まで見てしまいました。
31回オリンピック競技大会(2016/リオデジャネイロ)の話です。

結果、見事銅メダル!
15日の準決勝も見ました。
どれの試合も一進一退で
もう少しで試合に勝てそうだ
という感じでした。
負けた試合もフルセット戦っていましたよね。

前回の銀より落ちたとはいえ、
この結果はすごいと私は思っています。

特に銅メダルを決めた伊藤選手。
15歳の高校生のスマッシュはすごかった。
バックスイングがないのに
めちゃくちゃ打球が速い。

どの試合も勝てるときは、
「その選手の得意の型にはまっている」と言うこと。
出たとこ勝負ではないんですよね。

素振りとかシャドートレーニングとか
試合で起こりうる状況をどれだけ想定したかも大きいですね。

解説者も「この形になると○○選手は負けません」

といっていました。

これを聞きながら、「型」の重要性を再認識しました。

複雑なことをやろうとすればするほど型が大切。
型をしっかり身につければ試合に勝てるかもと

つくづく感じた試合でした。

pls0375086u71603

■メルマガもどうぞ。方眼ノート、NLP講座の最新情報もご案内しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

徳川の時代より320年続く富山の置き薬の伝承者としてのべ8万軒の家庭の訪問を果たす。日本人第1号となるNLPメタマスタープラクティショナー。NLPトレーナーとして、数多くの受講生を輩出。またギタリストとしての
経験から音楽活動を活かした、リズミカルで楽しい、どんな人でも親しみやすいトレーニングには定評がある。米国NLP協会認定トレーナー。認定方眼ノートマスターナビゲーター(トレーナー)
主なお客様:HONDA、トヨタ、第一生命、大成建設、
サンウェーブ、西友、国際新堀芸術学院 ほか 
 

◆著書◆

経済界 『富の山の人〜仕事の哲学』

◆メディア取材◆
J:comテレビ「つながるGOGO!」
雑誌:致知、事業構造 ほか